DEPARTMENT OF PHYSICS, TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY 東京工業大学 理学部 物理学科 大学院理工学研究科・基礎物理学専攻・物性物理学専攻
Google
WWW を検索 サイト内を検索
EnglishEnglish お問合せお問合せ サイトマップサイトマップ
トップページ 高校生の皆さんへ 学科所属を希望する1年次学生へ 大学院をめざす皆さんへ 内部向け情報

物理学科について

トップページ > 物理学科、基礎・物性物理学専攻について
物理学科、基礎・物性物理学専攻について
物理学科理学部に属し、大学2年次から4年次の学部生が、自然科学の根幹学問であり現代科学技術の基礎ともなっている物理学を学ぶ学科です。大部分は1類から進学します。
物理学科カリキュラム概要
基礎物理学専攻、および物性物理学専攻大学院理工学研究科に属しており、大学院修士課程、博士課程の教育とともに最先端の研究が行われています。
基礎物理学専攻は、宇宙・素粒子・原子核物理学分野の研究室で構成されています。この宇宙を構成する物質の成りちや基本的物理法則の解明を目的として、最先端の教育・研究が行われています。宇宙はどのようにして生まれ、現在の姿になり、今後どうなっていくのか、原子核やハドロンの奇妙な性質や核反応による宇宙元素合成の仕組み、未知の素粒子の探索や基本法則に現れる対称性はどうなっているかなどを理論・実験両面から探っています。
物性物理学専攻は、極低温、超伝導、ナノ物理学、半導体、ボース凝縮、量子光学、統計力学などの諸分野において最先端の研究を進める研究室で構成されています。人間が作り出した、高純度固体結晶や宇宙の温度よりも低い超低温の世界で示される新現象の探索と解明、さらには、新物質の創製研究に加えて、化学や光学との学際分野においても、最先端の研究を推進しています。
研究室一覧 大学院カリキュラム概要 教員・学生の受賞等履歴
沿革

明治11年(1881) 東京職工学校成立
明治23年(1890) 東京工業学校に改称
明治34年(1901) 東京高等工業学校に改称
大正11年(1922) アインシュタインが来校(関連記事はこちら
昭和4(1929) 東京工業大学へ昇格。物理学教室、物理化学教室が設置される。
昭和28年(1953) 大学院工学研究科に応用物理学専攻が設置される。
昭和30年(1955) 工学部が理工学部と改称され、物理学科が理工学部に設置される。
物理学専攻が工学研究科に設置される。
昭和31年(1956) 大学院工学研究科が大学院理工学研究科に改称
昭和36年(1961) 理工学部に応用物理学科を設置
昭和42年(1967) 理工学部が理学部と工学部に分離される。
平成10年(1998) 大学院重点化に伴い、応用物理学専攻と物理学専攻が基礎物理学専攻物性物理学専攻に再編される。理学部応用物理学科を発展的に解消し大部分は従来の物理学科に合併され、物理学科となる。
(応用物理学科、応用物理学専攻の一部は数学科、地球惑星学科となる。
応用物理学専攻も同様)
平成12年(2000) 大学院重点化完成
平成15年(2003) 21世紀COEプログラム“量子ナノ物理学”に採択される。
(本プログラムは平成19年度まで)
東京工業大学理工学研究科・基礎物理学専攻・物性物理学専攻